三塚牧場
ホーム> 仙台牛・はさま牛について

仙台牛について

当ホームページで販売しておりました「はさま牛」は平成26年4月1日より「仙台牛」に仲間入りしました。
現在、当ホームページで販売している三塚牧場産牛肉はすべて良質なA5ランクの仙台牛です。

仙台牛とは

歩留等級(A〜C) 骨のついた肉から骨や余分な脂などを取り除き、肉にした時の肉の割合のことです。
歩留まりが良いほど肉(赤身)が多く、生産効率が良いとされます。
肉質等級(5〜1) 『霜降の度合』を中心に、『肉の色』、『肉のキメや締まり』、
『脂肪の色沢・光沢』の4種類について総合的に評価します。

宮城県では、年間およそ15,000頭が食肉として出荷されていますが、うち仙台牛の名で出荷されるものは、そのおよそ3割です。
霜降りと赤身のバランス、きめの細かさなど厳しい基準をクリアし、最高ランクに格付けされた牛肉だけが
「仙台牛」の称号を得ることができます。(仙台牛銘柄推進協議会ホームページより引用)

はさま牛購入ページへ進む
  • ページトップに戻る
  • ページトップに戻る

「はさま牛」について

はさま牛とは

宮城県登米市
はさま牛の生産者の方々
はさま牛とは・・・

「はさま牛」は2014年4月1日より「仙台牛」に仲間入りしました。
「はさま牛」についての記述は2014年3月31日までの情報です。

  • ページトップに戻る
  • トップページに戻る

「はさま牛」の特徴

1秋田杉で作ったスミ(粉スミ)を与えています。
・・・老廃物を排泄して内臓を丈夫にし、牛が健康に育ちます
2肉が柔らかく、ほのかな甘みとサッパリとした味わいが評判です。
3管理された環境保全米(低農薬・低化学肥料)のひとめぼれ・ささにしきの稲わらを食べて育ちます。
4生産者の顔が見える産地です。
・・・20名の会員で年間約600頭を東京食肉市場に出荷しています
秋田杉から作った粉スミ
はさま牛購入ページへ進む
  • ページトップに戻る
  • トップページに戻る