三塚牧場
ホーム> 宮城県登米市について
登米市って?
登米市は、宮城県の北に位置する自然豊かなまちです。ここでは、三塚牧場から見た登米市の魅力を紹介します。
花火
長沼のシンボルとしてそびえ立つオランダ風車。そのすぐ下には長さ111mのローラー滑り台が。また、毎年8月13日にはふるさと花火IN長沼が開催され、あなたのオリジナル花火を打ち上げてくれます。花火大会を締めくくるナイアガラ花火は豪華・華麗さで観客を魅了します。
ボートレース
蛍が飛び交う頃、長沼ではボートレースや水辺のスポーツの到来です。地元の佐沼高校や石巻・塩釜方面の高校生が大勢集まり、佐沼中学の生徒の姿もあります。フートピア公園の観覧席から見るとまるでミズスマシが、スイスイ泳いでいるようです。北に栗駒山、そして緑に囲まれた国際A級公認の8レーンの日本一のボートコース、過去にはインターハイ・宮城国体・そしてシドニーオリンピックのアジア最終予選会が開催されました。
オランダ風車
長沼の湖畔にオランダ風車「白鳥」をシンボルとする長沼フートピア公園。公園内にはチューリップ園などの花園、長大なローラー滑り台、キャンプ場、ふるさと館などがあり、家族で遊べるスケールの大きな公園です。
渡り鳥の飛来
冬季でも凍結が見られず、多くの水鳥が越冬するのにぴったりの条件を備えており、白鳥やガンをはじめとする渡り鳥たちの楽園であるとともに、その他にも魚類、昆虫類など多種多様な生物が生息しています。一年を通じて美しく貴重な原生の自然の姿が見る事が出来るスポットです。水辺にはヨシをはじめとするたくさんの植物が自生し、特に夏にかけて湖面いっぱいに咲くハスは見事です。
最寄りの交通機関
  • 登米市ホームページへ
  • ページトップに戻る
  • トップページに戻る